お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

レストランマナー「パン」

飲食店などでコース料理をいただく際に、お料理の途中でパンが運ばれてきた場合、パンの種類は1種類ではなく数種類用意されていることがほとんどです。

そのような場合には、お好みのパンをスタッフの方に取り分けていただくか、もしくはご自身がお好きなパンを召し上がりたい分量だけお取りいただくというのが通例となります。

一般的にはパンのお代わりは自由となっておりますので、パンを残されるほど多く取るのではなく、実際にご自身が召し上がっていただけるだけの分量を取ることがマナーとされております。パンが出てきた際にパン皿が用意されていない場合は、直接テーブルクロスの上にパンを置いていただいても結構です。パンを召し上がって頂く時に、まるかじりされるのはマナー違反となりますので、必ず手でちぎってから口に運ぶようにいたしましょう。

バターなどをつけられる場合は、きちんとご自身の使われるバターの分量をご自身のお皿までお運びいただいてから、パンにバターを付けていただきます、日本人の方に多いのが、コース料理の最後となるデザートやお茶などのお飲み物が出てきた後にも、テーブルに余ったパンをおやつのように召し上がられる方もいらっしゃいますが、基本的にはパンはメインディッシュのお料理が終わる時までに召し上がっていただくのが基本マナーとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です