お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

コーヒーの希少価値とお値段

コーヒーのフレーバーに影響を与える要素として、その土地の標高の高さなどが挙げられます。基本的には、標高の高いところのコーヒー産地で、収穫されたコーヒー豆は、香り高く、また標高の低い産地で収穫されたコーヒー豆は、苦味がありどっしり感があるフレーバーなどと言われています。コーヒーの美味しさは、品種、土壌、生産方法などによって異なりますが、その要素の中には、標高も含まれています。現在、私が製作中のコーヒーのメニューブックなどにも、標高の高さを明記するかどうか、模索中でもあります。コーヒーの味わいとその標高の高さが、関連深い事を、皆様にも知っていただきたいと考えているからです。コーヒーの産地の標高が、高いことによって、朝晩の寒暖の差などが生まれ、その寒暖の差からコーヒーの豆の甘みが増すなどと考えられているようです。コーヒー豆の甘みが増すことによって、風味が豊かになり、味わい深いコーヒー豆の品種が生まれるなどと言われています。コーヒー豆の育つ土地の標高の高さの MAX は、標高2500 M 付近などと考えられているようです。何よりもコーヒーは寒さに弱い点もありますから、それ以上の高地での栽培は難しいなどと言われています。標高が高い栽培地でのコーヒーの品種は、その希少価値性からも、お値段は若干高めにはなってまいりますがメ、ニューブックに掲載されるコーヒーの中でも、皆さんにとっては、大変興味深いコーヒーの品種となるのではないでしょうか。標高の高い場所で栽培されるコーヒーは、その気候などからも、通常よりも数ヶ月その栽培時期が必要とされています。そのぶん生産量が少なくなってしまうことから、その希少価値性も上がってしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です