お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

メニュー開発もコンサルタントにお任せ

お店の経営から調理、宣伝まで、全てを家族でこなしている場合は、メニューブックの作成も家族内で完結することがあります。しかしこうした事例はごく一部の人気店に限られます。多くの店では素人の経営者が1人でメニューを作ろうとして限界を感じ、コンサルタントに相談することになります。限界だと感じる理由は様々ですが、経営者の声を聞くと、考案する時間を作れない人が圧倒的です。経営者は大変忙しく、分析からスタートする余裕が無いのです。また新しいメニューを開発するためには、時間とお金が掛かります。中小のお店であれば、現実的とは言えない場合も多いでしょう。そこで極力人件費を抑え、効率的にメニュー更新するためにコンサルタントを利用するのです。コンサルタントはメニューブック開発に関するノウハウを豊富に持っています。

そのノウハウを取り入れれば、メニュー更新に合わせてお店のコンセプトそのものが変容し、結果的に利潤が急上昇することもあります。もちろんコンセプトを変えたくないという経営者もいるでしょうが、背に腹は代えられない状況下では致し方ないでしょう。プロのコンサルタントによる革新的なメニュー更新の例としては、「カフェで本格的な料理を提供する」というものがあります。カフェは本来軽食しか提供できないものですが、思い切ってカレー等を看板にすると、客足が絶えない店に早変わりすることもあります。さて、メニューブックと言えば、これまでは紙やプラスチック、レザー等で作成されていましたが、これからの時代はタブレット等がメニューブックになる事例が増えると言われています。既に一部の店舗では導入が進んでおり、客の反応も概ね良好だと聞きます。まだ導入を決断していない店舗も追随すべきなのでしょうか。メリットはどこにあるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です