お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

メニューの工夫

最近の飲食店では、ほとんどカラーのメニューを採用することが多くなってきた、という風にも感じるわけですが、昔ながらの飲食店、広告費用などを抑えたいお店なのにとっては、白黒の写真などで、お店の写真を作成しているところもある、というふうに聞いたことがありますし、実際に、そのようなお店もしばしば見かけることが多いと考えられるわけです。基本的には、テレビの基本カラーなどとも言われる5色をバランスよく取り入れていることが何よりも重要であるという風に言われる場合が多く、このようなカラーをきちんと取り入れることで、より、一層、美味しさを増したメニュー作りは可能であるという風に言えるわけです。色の重要性について認識している人の多くは、盛り付けが上手であるというような場合も多いわけですが、白黒の写真の場合には、盛り付けがどんなに上手でも十分に素材の良さを生かすことができないのは、当然のことであるという風に入れるかもしれません。基本的には、5色ほどの色をバランスよく使うことで、見る人の食欲を十分に増加させることができることは、間違いないという風に言えるわけです。例えば、サラダなどの写真である場合には、どうしても緑色が目立つことになるわけですが、トマトの赤色であったりピクルスの緑色であったり、パプリカの黄色であったりというような相対するような色をうまく取り入れることで、それがアクセントになり、新鮮さを生み出すきっかけにもなるという風に言えるかと思われます。このような工夫は常に重要であるというふうに考えて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です