お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

メニューの提案

メニューという言葉自体には、様々な意味があり、魅力的な商品を文字や写真という形で表すことができる唯一の手段であるという風に言えるわけです。魅力的な商品づくりをすることができればメニューにかけた時間も報われるものであるという風に言えるでしょう。そもそもメニューというものは、お店のどのような料理を提供するのかという方針を明確に表すものであるという風に言えるでしょうし、お客にとってみれば自分自身がこういうものを食べに来たというような目的設定を明確にすることができるポイントであるという風に言えるでしょう。お店の方針をどのようにして伝えるのかということをメニューの中にきちんと、明示しておくことが重要だという風に言えるわけだし取り分け目標とする売上を決めたり商品に売上を割り当てたり様々な価格を調整したり素材をどのようにするか決めたりネーミングを決めたりなどという風に、様々な前提があり、それらをすべてクリアした上でやっと商品表としてのメニューを考えるという作業に、こぎつけることができるということを覚えておかなければならないでしょう。この段階になると、あまり技術を持った人が社内にいない場合などには、外に頼まなくてはならなくなりますし、この段階である程度費用がかかっている場合などには、費用を抑えることも考えなくてはならないこともあるかもしれません。では、一体どのようにしてこのような段階をクリアすればいいのかといえば、あらかじめ目標設定をきちんと明確にしておくことこそが、最も重要で肝心なことであるという風に言えるのではないかと考えられるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です