お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

カウンターの割烹料理

割烹というと、お料理が美味しいお店という感じがするかと思います。
カウンターの割烹店というと、カウンタースタイルの高級和食店というものだそうです。
大衆割烹や一般の割烹店とは差別化されていると考えていいようです。
本格的の日本料理をお手頃の値段でお客様に提供するというイメージでメニューを開発するといいようです。
またカウンターということで、料理人がお客様に対してきめ細やかにサービスするということも大切ですし、洗練されたお客様への対応が求められるそうです。
値段やメニューも女性のお客様でも入りやすいものにした方がいいようです。
ただ、繁盛店というのも一握りになるという厳しい世界だそうで、常連客が一緒でもないかぎりカウンターに座るというのはハードルが高いといえるようです。
季節の食材を活かしたコース料理ということで、お客様を満足させていたお店も、これからはコースにこだわるよりも、いろんなメニューを開発していくことが大切になってくるそうです。
また魚介料理や野菜料理に加えて肉料理のメニュー開発をすることが大切になってくるそうです。
割烹料理というと鮮魚割烹というイメージがありますが、それだけだと新しい層のお客様にアピールが難しいものとなるようです。
肉料理を開発するのも牛肉や豚肉、鶏肉と、素材へのこだわりは鮮魚中心のときと同じように重要になってくるそうです。
注意するべきは、客単価だそうです。
カウンターのお店というのは、客数に限界があるといえるそうです。
そのため、客単価をあまり安くできないということもあるかと思います。
安い料理は売上の現象にもなるそうです。
素材や味にこだわったコースメニューやセットメニューというのを和食を中心に開発するのが大切だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です