お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

言葉でのメリハリ

メニューブックの配置には、メリハリが必要です。写真や全体の配置も大切ですが、使われる「言葉」もメリハリをつける上で重要な要素と言われています。飲食店であれば、実際に食べる料理の味で決まります。しかし、メニューブックを眺めている時点では味までは分からず、写真や言葉から入ってくる情報が全てです。まずはお客様に「おいしそう」と思ってもらえる言葉を考えましょう。

メニューブックで使われている言葉には、ネーミングと呼ばれる商品名、売り文句と呼ばれるキャッチコピー、商品説明と呼ばれるキャプションの3種類に分けられます。例えば「ハンバーグ」という言葉は、商品名である「ネーミング」です。しかしネーミングをそのまま食べ物の名前にしてしまうと、情報量が少なく、それがどんなものかは伝わりにくくなってしまいます。例えばこれを「ジューシーハンバーグ」とすることによって、おいしそうと思ってもらえるネーミングに変わります。さらにここに、キャッチコピーを加えます。「ジューシーハンバーグ」に対して、「肉汁たっぷり!」といった言葉を付けることにより、食べ物のイメージがつきやすくなります。最後に、キャプションを付け加えます。「○○産の肉を使い、焼き方も特別な~」といったように、具体的な産地や調理法を書いておけば伝わりやすくなります。キャッチコピーである「肉汁たっぷり」が生きるよう、どんな工夫がされているのかをしっかりと記しましょう。

このように、ひとつの商品をおいしそうに見せるためには言葉で工夫することが効果的です。ネーミング、キャッチコピー、キャプションの3つの要素を上手く組み合わせられるよう、いくつも候補を考えながらメニューブック作りを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です