お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

類似品はメニューから外そう

メニューブックというのは、席に案内されるとジッと見たりするものだと思います。SNSで来たお客様も料理が来るまではメニューブックを眺める人も多いと思います。
 料理を決めてもメニューブックとにらめっこしている人も少なくありません。
 お店側としても店の雰囲気や主張もメニューブックに入っているものだと思います。
 そこでメニューブックをすべて詰め込もうとする場合もあるかと思います。
 ただ同じような料理があったり、リニューアル前の料理名があったりすると混乱すると思います。
 まず新メニューとの類似の料理を外すことから初めたら良いようです。
 新メニューが増えるのはとても良いことだと思いますが、お客様を混乱させてはいけないと思います。
 新メニューなどが増えると食材のロスや提供時間も混乱するということも起こるそうです。
 そこでメニュー開発をしたら、思い切って今までの料理をメニューブックから外すということを考えた方が良いそうです。
 また、類似品を外すと言っても、類似品だからという理由で外さない方がいいそうです。
まず、人気があるならば外す必要はないそうです。
やはり外すのは、すでに人気もなく注文があるかないかわからない商品だそうです。
そういったものがメニューに載っていると、新商品が目立たない場合もあるそうです。
 また、売れ行きは悪くても収益率が高い商品は残した方がいいそうです。
 収益率が高い商品が人気が出たらお店にとっても嬉しいと思います。
 商品のリニューアルは、こういった収益率が高い商品を中心にするのもいいそうです。
 メニュー開発をするさいにも、メニューブックをよく見直すということも大切なようです。
 飲食店のメニュー作りは、お客様の満足度と経営がうまくいくという両輪で考えていかなければならないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です