お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

メニューブックは宣伝広告じゃない

お店には「看板メニュー」というものがあると思います。
「自慢の一品」というのもあると思います。
けれどそれがいつまでも同じものが看板メニューになれるかというとそうではないそうです。
もちろん老舗の看板メニューというものもあるかと思いますが、それだけで勝負しているお店は稀なことだともいいます。
また、名物料理と自分では考えていても、近所に同じような料理があるかもしれませんし、他で看板料理にしているかもしれません。
 看板メニューというのは、それをアピールしたもの勝ちというところのようです。
 オリジナルのつもりがコピーされていて、その店の方が有名になっているということも少なくないといいます。
 また、売れ筋というのも、いつまでも同じものとはいかないようです。
 看板メニューが他でコピーされ、ヒットのせいで飽きられてしまったりもするかと思います。
 そうなると新たなオリジナルを作っていかないといけないようです。
 SNSなどで拡散されたら、ブームを起こすことも可能だと思います。
 けれど、飽きられるのも早いと思っておいた方がいいという人もいます。
 リピーターが少なくなったりしたら、それを放っておかず次の戦略を立てる時期だと思った方がいいそうです。
 新たなオリジナルメニューで客離れを防ぐということを考えていかないといけないそうです。
 メニュー名もオリジナリティが欲しいところだと思います。
 ただの和牛ハンバーグよりも飛騨牛ハンバーグなど産地が付いていた方がお客様に訴えることもあるかと思います。
 ポテトサラダも形容詞がひとつ付くとお客様の興味をそそると思います。
 メニューを考えるならば、差別化ができる「何か」をプラスすることを忘れないで欲しいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です