お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

リピーターの満足

飲食店では、初来店のお客様はもちろん、リピーターの存在も経営を大きく支えています。2度目以降に来店をするお客様に関しては、飽きさせない工夫をする必要があります。当然ながら、食事をしにお客様は来店します。料理などのメニューを工夫していかなくてはなりません。

お客様を飽きさせないためには、違ったメニューを取り入れるという方法が効果的だそうです。性格にもよりますが、多くの人は食事に変化を求める生き物です。毎回同じメニューばかりでは、よほど気に入ったものでない限り飽きがきてしまうそうです。メニューブックに関しても定期的な入れ替え作業を行い、お客様に新鮮な気持ちを持ってもらうことが必要になるでしょう。違った料理をメニューに取り入れるには、季節限定の料理が有効です。夏はこのメニュー、冬はこのメニューと定番のものにしてしまえば、通年で足を運んでもらえる可能性が高くなります。「そろそろ冬だから、あの店のあのメニューが出る頃だ」と自然と思ってもらえるようになれば立派なリピーターを獲得です。料理に関しては、あくまで毎回新作のものを考えるのではなく、考えておいた季節のメニューを入れ替えるというイメージで問題ありません。また、料理だけではなくメニューブック自体をリニューアルすることも大切です。例えば料理のコツや美味しい食べ方、開発秘話などでも目新しいものなら何でも構いません。限定メニューに加え、その時々でおすすめの料理を変えるだけでも印象がぐっと変わります。お客様に親近感を持ってもらい、毎回飽きないでメニューブックを見てもらう工夫が必要です。工夫に答えはありません。その店ごとにできることを考え、メニューブックに反映させていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です