お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

メニューは飲食店のチャレンジの場

「季節限定」「本日限定」「数量限定」などの限定メニューというのは、どんな飲食のお店でもお客さんの興味を引くメニューと言えます。飲食店のジャンルもここは関係がないのです。「本日限定!」と大きく書かれているだけでたくさんのお客さんに興味がわきます。普段は頼まないようなものでもつい頼みたくなってしまうものなのです。このようにお客さんの心理に呼びかけたり、店のメニューにバージョンを加えるためためにも、限定メニューは是非準備してみるとよいでしょう。

例えば季節限定のメニューにおいて考えるべきは、季節感だといえます。季節だけの食材を使ったり、季節感のあるお皿や盛り付けにするといった工夫です。夏なら清涼感のある寒色系のお皿をあしらってみましょう。また、冷やした食材やお皿・カレーなどの香辛料が効いたメニューで食欲をそそったりするのもよいでしょう。冬なら暖かいものなどが喜ばれると思われます。

さらに、はやくしないと、今すぐにたのまないと今度来たときじゃ頼めないんじゃないか・・・・・・といった「限定メニュー」ならではといったスペシャルな感じを生み出すことができれば、お客様から大きな反響があるでしょう。

例えば、同じ材料を使っていても、時期によって火を通したり、生で食べさせるといった、調理法に変化を付けることもよいでしょう。お客様の興味を引きますし、特別感が増すと思われます。

また、桃などの旬が限られた果物をセレクトするというのも、スペシャルカンを印象付けることとなります。お客様に「今しか食べられない」と思わせることが肝心なのです。季節限定のほか、「一日〇食限定」「予約特典」といった特別感を演出することも、季節メニューの演出の付加価値をプラスします。競合店との差をつけることとなるでしょう。メニューは1つか2つだけ、家族の経営で、超定番の味を守り抜いている飲食店も世の中にあるのです。でも、それは宝くじに当たったような幸運と言えます。通常は飲食店も時代の流れとともに変化していく必要性に迫られるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です