お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

人気のものやおすすめは分かりやすく書く

飲食を取り扱っているならばどのようなお店にも、人気メニューやおすすめメニューはあるでしょう。ほかにも開業した時から全く変わっていないメニューだったり、多くの常連客に愛される定番メニューだったるもあるでしょう。また、旬の食材を取り入れたおすすめメニューもあるでしょう。

通常のラインナップと比べて特にアピールしたいものは、全面的に宣伝すると良いのです。「おすすめ」や「定番」などの表示をつけることで、他のものと差別化をするのです。または、メニュー表や冊子に含めずに、別紙などを用いて目立たせると良いでしょう。壁や黒板に掲載するとか、卓上メニューにしたりすると、お客様の視界に入りやすくなるのです。お店が自信を持ってすすめているメニューというのは、メニューの中変えあどれを注文したらいいのかを決めかねているお客さんにとって強い後押しになるのです。
「〇〇カレー」のように、そのお店の名前の入ったメニューも、定番の味をアピールする良い方法となります。

メニューの中には基本的にはお店が出しているすべての料理について記載されていると言えます。ですが、メニューの内容だけがお客さんに提供できるサービスの全てなのでしょうか?

例えば、サンドイウィッチを注文しようと思っているお客さんがいるとします。一つだけ苦手な食材があったとしたらどうしますか。その食材だけを抜いてサンドイッチを作ることがお店の運営にそれほど影響を与えないのならば、快く対応するべきと言えます。ほかにも、ごはんや麺を少なくしたり多くしたり味付けを選べるようなオプション的メニューをもうけるというのも、お客さん個人の味の好みへと対応していくための作戦だと言えます。お肉の焼き方や辛さの調節など、キッチンの忙しさやオーナー側の判断などを確認しながら、メニューについての希望に柔軟に対応できることがお客様の好感度や満足度の向上に繋がるのです。一つ一つの努力が大切と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です