お客さんを虜にするメニューブック作り
Site Overlay

ただの献立一覧表では売上は上がらない

高くても数万ぐらいの費用上限で、売り上げを向上するためのメニュー表を作成したい飲食店オーナーの方へお話ししていきます。

今、このページをご覧の貴方は、おそらくは、ご自分が勤務なさっているお店が出しているメニューブックを変更したい、または、これから手作りしようとしているところなのだと思われます。「プロに外注したら、いくらぐらいするんだろう?」と、ホームページなどで、いろいろ調べているかと思われます。

でも、ここらが重要なのですが、業者の中には悲しいことに、売り上げをアップするのに必要となってくるメニュー作りの技術がまったくないために、ただただきれいに、見やすくまとめることだけを考えて製作するデザイナーもいるのです。どこに依頼すればいいのかを見極めることが大切なのです。明らかにデザイナーが制作したと思われるのに、凝っているのは、飾りのフレームデザインと商品写真のブラッシュアップだけで、あとは、商品名と価格を並べただけの、ということがあります。「ただの一覧・リスト」のようなものを数多く見かけるのです。「ただの一覧表・リスト」ではだめなのでしょうか。

確かに、メニュー表という意味では決してまちがってはいません。しかし、ただメニューを一覧にまとめただけとなると、メニュー表にもとめられる役割を達成することは不可能なのです。お客さんに、どのような商品が存在するのかを明確に伝えるというのは重要です。ですがそれは、必要最低限の条件で、できて当たり前のことなのです。メニュー表における実際の役割というのは、お店を運営していくをや上で、お客さんにこだわっていることや、お店のコンセプトを伝えて、お店の特長というのを理解してもらうことなのです。